オーストラリア留学の安全対策

オーストラリアは多くの移民を受け入れている事もあり、日本人も受け入れてもらいやすいところはメリットです。

アメリカは無法地帯などもあり危険なイメージの都市もありますが、オーストラリアも外国である以上日本のようにどこでも安全という事はありません。

オーストラリアではシドニーやメルボルンなど、留学中に滞在先も大体決まってきます。

夜はできるだけ外出しない、知らない場所には行かない、1人で行動しないなど自分でできる安全対策は大切です。

ネットで調べれば地域ごとの安全情報もチェックできますが、日本とは違うという事は常に頭の片隅に置いておきましょう。

オーストラリアは世界的に見ても比較的治安のいい国、として知られています。

これなら安心と思えますが、犯罪に巻き込まれる日本人も少なくありません。

もしも現地で何かあった場合は「000」に電話をして助けを求めましょう。

日本で言うところの110番や119番のようなものです。

日本でも全くないとは言い切れませんが、留学中や旅行中に意外と多いのが置き引きです。

追油断して荷物を置きっぱなしにしてその場を離れたら、荷物がなくなってもほとんどが泣き寝入りするしかありません。

友達と一緒だからと言って安心できません。

レストランでもテーブルには必ず誰かが残り、荷物を見張っていましょう。

現地で行動する時は、できるだけ現金を持ち歩かないよう注意が必要です。

特に日本人はお金を持っているイメージがあるため、人気のない場所で狙われる事もあります。



Comments are Closed