ワーキングホリデーのススメ

オーストラリアに留学する場合、ワーキングホリデーもおすすめです。

オーストラリアはワーキングホリデーでも人気がある国ですし、シドニーやメルボルンなどの大都市なら、初めての人も過ごしやすいと思います。

オーストラリアは多くの移民を受け入れていますから、日本人も受け入れてもらいやすいです。

ただしワーキングホリデーにはいくつかの条件があります。

ビザの申請料金が43,000円程度かかりますが、これについては時期により変更になる可能性もあります。

年齢は18歳から31歳未満、子供同伴はできない、滞在費や帰国時のチケット代など総資金として約50万円程度持っている事、最長滞在期間は12か月などいくつか条件が決まっています。

所持金や資産を証明する義務はありませんが、このくらい持っておくと何かあった時にも安心です。

ワーキングホリデーは、留学中に現地で働き収入を得る事ができます。

ただしこれにも期間が定められていて、同じ雇用主のところでは最長6ヶ月間就労可能となっています。

語学学校に通う場合は最長で4ヶ月までとなっています。

ワーキングホリデーの場合は語学学校に留学しながら、学校が終わればバイトができます。

バイト先でも友達ができる可能性もありますし、学校もバイトも休みの日には、オーストラリアならではの大自然と触れ合う事もできます。

マリンスポーツも盛んですし、シドニーからブリスベンやメルボルンまで足を伸ばし観光してみるのもいいと思います。



Comments are Closed