日本と現地の違いを把握しておこう

オーストラリアは留学先としても人気がありますし、毎年日本からもたくさんの人が留学をしています。

オーストラリアは昔から多くの移民を受け入れてきた国として知らており、言語も一部を除けば英語しか通じないという事もなく、親日家も多いので意外と日本語も通用します。

しかしオーストラリアに一歩足をふい入れれば、そこは外国であり、日本とは違う習慣や注意点があります。

留学という目的があっても、現地に着けば外国に来たという開放感や油断が生じます。

オーストラリア留学を満喫できるのは素晴らしい事ですが、日本とは違うという危機感は持っておくべきでしょう。

日本人はどうしてもお金を持っているというイメージが定着しているため、犯罪に巻き込まれやすい傾向があります。

オーストラリアの場合はシドニー、メルボルン、ブリスベンなど観光地としても有名な大都市がありますが、1本でも脇道に入ってしまえば強盗にあう危険性もあります。

常に日本とは違うという危機管理は大切です。

自分の身は自分で守る、日本にいる時はあまり考えない事ですがオーストラリアであっても外国である以上、こういった意識を持つのは大切です。

オーストラリアは比較的治安がいい国としても知られていますが、文化も習慣も日本とは違いますし、他にも多民族がたくさんいます。

■またこの様な事も→しらみが少ないのは日本だけ?!【オーストラリア】|コリアトピック

日本での当たり前は、外国では一切通用しないと思っておくくらいがちょうどいいかもしれません。

常に危機感はどこかに持っておきましょう。



Comments are Closed